【人物一覧】機動戦士ガンダムZZ 第1話 『プレリュードZZ』
◀トップページへ ◀タイトル一覧へ ▶人物相関図へ ▶感想ブログへ
写真 登場話数 所属 説明
ファ・ユイリィ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ファ・ユイリィ
[ エゥーゴ ]
物語序盤ではアーガマ唯一の正規パイロットとして、またジュドー・アーシタら、シャングリラの少年少女たちの世話役として奔走する。その一方でアーガマを離れざるを得なくなったカミーユを案じ、戦いに迷う姿が描かれている。当然気が気ではなく、その結果アーガマ艦内でも次第に神経質になり、深く事情を知らないジュドーらに対し辛くあたって反感を買うこともあった。エル・ビアンノからは「オバン」「姑ババア」などと罵倒され、ルー・ルカからは「ピリピリしてると男が寄りつかない」とからかわれた。 第10話では、戦闘を楽観視するジュドーを諌め、パイロットになり始めた頃に比べ戦士としての成長ぶりが伺える。ビームライフルのプラグを接続し忘れたままΖガンダムで出撃して危機に陥ったジュドーを救うべく、上半身のみの半壊したメタスで出撃する。必死の支援によって彼に身をもって宇宙での戦闘の厳しさを説き、何とかライフルのプラグ接続には成功したが、その戦闘においてマシュマー・セロの乗るハンマ・ハンマの攻撃を受けメタスはコントロール不能になり、シャングリラの方向へ流されていく。この時ブライトをはじめとするアーガマのクルーも、カミーユのそばにいたいというファの本心を見抜いていたのかわざと放置し、メタスを回収しなかった。漂流中のファ自身もそれを肯定するような発言をしていた。 その後、経緯は不明だが、ダブリンの病院に入院しているカミーユを看病しながら看護師として働いていた。地球連邦上層部の高級官僚が所有する山荘「ブナ屋敷」において、地下に監禁されていたジュドーとブライトに再会。2人を救助し車でアーガマに送り届けた後、ダブリン市街地でネオ・ジオン軍による空襲が始まり、カミーユの身を案じて病院に戻るが彼のいる病室はもぬけの殻であった。カミーユの捜索をブライトらに依頼するべくアーガマに戻り、ガンダム・チームと共に海岸でカミーユと再会する。 最終話では、症状が回復したカミーユと共に海岸を走るシーンが描かれた。
ブライト・ノア
1 2 3 4 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 19 20 21 22 23 24 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 ブライト・ノア
[ エゥーゴ ]
アーガマの艦長としてハマーン・カーン率いるネオ・ジオン(アクシズ)との戦いに参加。艦の修理のためサイド1のシャングリラに立ち寄り、そこで乗りこんできたジュドー・アーシタらに翻弄されながらも、ネオ・ジオンと戦う。深刻な人手不足により半ば自棄的になって態度を軟化させ[6]、シャングリラ育ちの子供たちに対してはアムロやカミーユに対してほど厳しい顔は見せず、おだてたりエサで利用することもあった。 また、艦の補修のために立ち寄った補修ドックのラビアンローズで、艦長代理のエマリー・オンスに興味を持たれ、急接近されて困惑する。それほど悪い気はしていなかったようだが、さすがに一線を越えた関係にはならなかった。 その後、地球へ降下しネオ・ジオンの作戦の阻止へ動くが失敗し、宇宙に戻るとアーガマの後継艦ネェル・アーガマの艦長になるが、間もなく月へ異動することになりビーチャ・オーレグに代理を任せ、艦を降りる。そして、月からネェル・アーガマに補給物資を送り続けるために奔走する。 その後ブライトを含むエゥーゴの主力艦隊がネェル・アーガマに合流した時にはすでに、ジュドーとハマーンの決戦に決着がつき、アクシズの勢力は瓦解していた。影武者と発覚したミネバ・ザビの前で戦後処理を話し合うエゥーゴ上層部のありさまに、ジュドーは激しい怒りを感じ、ジュドーは、戦いで死んでいった者達も省みずに、何もしなかった者が戦後の功績だけに預かろうとするのかと、高官たちを締め上げる。そんなジュドーの心境と怒りを理解していたブライトは、彼のやり場のない怒りを受け止めるため、「情けない大人」の代表として、その鉄拳をあえて受ける。 その後、ジュドーとルー・ルカは、ジュピトリスIIに搭乗し木星圏へと向かうが、その旅立ちをリィナ・アーシタとセイラ・マスを含めたエゥーゴのクルーたちとともに月面フォン・ブラウン市の宇宙港で見送る。
クム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13 16 17 22 23 30 33 34 36 37 クム
[ 民間人 ]
戦災孤児。グリプス戦役時、兄のように慕っているシンタと一緒にクワトロ・バジーナに連れられてアーガマに乗船する。主にファ・ユイリィ、アンナ、ハサンらが面倒を見ていた。 第一次ネオ・ジオン抗争時もアーガマに乗船している。捕虜となったキャラ・スーンの見張りなども担当したが、ネェル・アーガマには乗らずにブライト・ノアと共に月へ向かった(『機動戦士ガンダムΖΖ』第37話)。クムの作った料理は、ジュドー・アーシタが苦そうな顔をするほどまずい(『ΖΖ』第13話)。
シンタ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13 16 17 22 23 30 31 33 34 36 37 シンタ
[ 民間人 ]
戦災孤児。グリプス戦時に妹のように可愛がっているクムと一緒にクワトロ・バジーナに連れられてアーガマに乗船するようになった。主にファ、アンナ、ハサンらが面倒を見ていた。また、将来はパイロットになりたがっていた。ロザミアがアーガマに乗り込んでからは仲良くなった故に、彼女の脱走に協力してしまう。その後カミーユにロザミアを助けて欲しいとせがんだ。『Ζ』の頃は、艦内のお騒がせキャラだった。 第一次ネオ・ジオン抗争時にもアーガマに乗船し、子供ながら捕虜となったゴットンやキャラの見張りなども行った(『ΖΖ』第16話など)。また、自分たちを可愛がってくれたファがアーガマを降りてからも、クムと共にアーガマクルーとして仕事を手伝うなどしっかりした姿を見せるようになった。ネェル・アーガマには乗船せず、ブライトと共に月へ向かった(『ΖΖ』第37話)。
ハロ
1 3 5 6 10 11 17 22 23 33 34 36 37 ハロ
[ 民間人 ]
厳密には「ハロ THE II」という名前。一年戦争(『機動戦士ガンダム』における戦い)が終結した後に、戦争を勝利に導いたとしてホワイトベース隊が英雄扱いされ、その際にマスコット・ロボットとしての人気が出て玩具メーカーによる商品化がされた、というのが当初の設定であったが、後にハロを販売していたSUN社がアムロから逆ライセンスを得て再商品化されたものと設定が変更された。 カミーユがカクリコンと戦闘の最中に月面で拾う。 その後、シンタとクムと一緒にいることが多い。