【人物一覧】機動戦士Zガンダム 第37話 『ダカールの日』
◀トップページへ ◀タイトル一覧へ ▶人物相関図へ ▶感想ブログへ
写真 登場話数 所属 説明
カミーユ・ビダン
7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 カミーユ・ビダン
[ エゥーゴ ]
「カミーユ」という名が女性的であることに激しい劣等感を持っている。そのため、小型飛行機であるホモアビスやジュニア・モビルスーツなどに熱中したり、ハイスクールでは空手部に所属したりするなど、「男性的」な趣味に傾倒していく。劣等感と家庭環境も併せて、非常に繊細で感情の起伏が激しい性格に育つ。一方で生活能力に乏しく、幼馴染みの少女ファ・ユイリィに依存する所が大きかった。 エゥーゴの指導者であるブレックス・フォーラや、ヘンケン・ベッケナー、クワトロらからニュータイプとして天賦の資質があると見込まれ、エゥーゴの正規パイロットになることを薦められる中、MSの訓練を受けていない民間人でありながら、連邦軍のベテランパイロットライラ・ミラ・ライラを撃墜するという戦果を挙げ、アーガマのクルーからはアムロ・レイの再来と称される(ただし、カミーユとしてはアムロと重ねられるのは迷惑だったらしく、アムロ本人に出会ったときにそれを打ち明けている)。それ以来カミーユは、ガンダムMk-IIの専属パイロットとなり、宇宙世紀の歴史上で最も優れたニュータイプの資質を開花させていく。
クワトロ・バジーナ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 23 24 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 クワトロ・バジーナ
[ エゥーゴ ]
宇宙世紀0087年3月、アポリーとロベルトを率いてリック・ディアスでサイド7・グリーン・ノア1に潜入し、ティターンズの新型モビルスーツガンダムMk-IIの奪取を図る。グリーン・ノア1の民間人であるカミーユ・ビダンの協力もあり奪取に成功。この事件が引き金となりエゥーゴとティターンズとの間で本格的な武力抗争が始まる。
アジス・アジバ
37 アジス・アジバ
[ ティターンズ ]
ダカール守備のMSパイロットで、階級は中尉。 ティターンズのマークを軍服の左胸に着けているのが特徴。他のダカール基地所属のティターンズ兵士も同様にマークを軍服の左胸に着けている。 検問所で連邦兵からセクハラを受けそうになっていたベルトーチカ・イルマを救う。その際にベルトーチカと会話を交わしたのがきっかけでジャミトフ・ハイマンの思想を受け売りしているだけの自分に気付く。クワトロ・バジーナ=シャア・アズナブルの連邦議会での演説がTV中継された時に画面に映るベルトーチカを見て肩の負傷にもかかわらずアッシマーで出撃。カミーユのΖガンダムと戦闘に入り、僚機が墜落しそうなところを支えるがΖガンダムに救われる。 シャアの演説に耳を傾けるように諭され聞いている内に放送を妨害しようと攻撃を仕掛けるティターンズに疑問を抱き始める。アッシマーでジェリド・メサが乗るバイアランの前に立ちはだかり、ティターンズが正しいのであれば議会で証明すべきだと制止を試みたためにジェリドに機体をビームで撃ち抜かれはしたものの、辛うじて一命は取り留めた。 温厚で誠実な青年士官であり、ティターンズ全てが傲慢なエリートではなく、分かり合えることを証明する人物。
ジェリド・メサ
1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12 21 22 23 24 27 29 30 36 37 38 44 45 49 ジェリド・メサ
[ ティターンズ ]
地球連邦軍の精鋭部隊ティターンズに所属するモビルスーツパイロット。親友のカクリコン・カクーラー、エマ・シーンとは同期で、彼らと同じく階級は中尉である。物語当初の年齢は24歳。些細なことからエゥーゴのエースパイロットであるカミーユ・ビダンとは因縁浅からぬ関係となり、幾度となく対峙した。時にはカミーユを窮地に追い込むこともあったが、いつも邪魔が入るなどして敗退した。カミーユの存在を自身にとっての「壁」と捉え、その打倒に固執しすぎたあまりその人生は大きく狂ってしまった。
マイク
37 マイク
[ ティターンズ ]
ダカール守備隊のMSパイロット。アジスとともにエゥーゴ、カラバを迎撃するために出撃したが、搭乗機のアッシマーを撃墜され脱出した。
アムロ・レイ
15 16 17 18 19 20 35 36 37 38 アムロ・レイ
[ カラバ ]
宇宙世紀0087年、かつてのガールフレンドでありハヤトの妻になっていたフラウと再会しカツ・コバヤシに説得され共に監視を抜け出す。空港で輸送機を奪いエゥーゴの支援組織カラバに合流。その際、シャア(クワトロ)と7年振りの再会を果たす[6]。シャアからは宇宙に上がり共闘することを薦められたが、無重力の感覚への恐怖を理由に固辞している。その際、「ララァと再び会うのが怖いのか」と胸中を看破され、一年戦争時代に負ったトラウマを克服できていない自身の精神的な脆さを否定できず、ハヤトらと共に地上に留まる。 また、自分より若いカミーユにガンダムMk-IIを使わせている事やそれを容認する周囲の人間達に「不甲斐ない自分への当てつけ」といった感情を少なからず感じていたようである。しかし、昔の自分を思い出させるカミーユ・ビダンや、ベルトーチカ・イルマに刺激され、再びMSで戦うことを決意すると、7年のブランクを感じさせない卓越した操縦技術でエゥーゴを援助。宇宙に上がったアポリー・ベイ中尉が残したリック・ディアスでカミーユを指導しながらアッシマーを撃墜したのを皮切りに、リック・ディアスやディジェを駆って、キリマンジャロ攻撃作戦やダカールでの戦い、ニューギニア基地攻略などで活躍した。
ハヤト・コバヤシ
12 13 14 15 16 17 18 19 20 27 37 38 ハヤト・コバヤシ
[ カラバ ]
終戦後はフラウと結婚し、同時にホワイトベースに乗り込んでいたカツ、レツ、キッカを養子として引き取った。軍内部では戦争博物館の館長という閑職に回されていたが、密かに反ティターンズ組織であるカラバに参加しており、エゥーゴのジャブロー侵攻時には戦争博物館を離れて地上に降りたエゥーゴのパイロットを宇宙に帰すためのシャトルを手配するなど、地球側の支援者のキーマンとして活躍した。 また、エゥーゴのジャブロー侵攻と同時にアウドムラの艦長となり、地上での反ティターンズの戦いの中心人物として手堅い指揮官ぶりを見せた。
ベルトーチカ・イルマ
15 16 17 18 19 20 37 38 ベルトーチカ・イルマ
[ カラバ ]
初登場時には、カミーユとクワトロを宇宙に離脱させるため、複葉機「コメット」でアウドムラに合流し、必要なシャトルを備えるヒッコリーへ導く。そこでニュータイプとして知っていたアムロ・レイと出会い、興味を持った後は恋仲にまでなっている。
カイ・シデン
9 12 13 37 カイ・シデン
[ 民間人 ]
地球連邦軍の内情を探ろうと白い背広姿という出で立ちでジャブローに潜入する。そこで、偵察に潜入していたエゥーゴのレコア・ロンドと出会うが、共に連邦軍兵士に捕まってしまう。ジャブローに降下したカミーユ・ビダンに救出されてカラバに合流するが、指導者としての能力がありながらクワトロ・バジーナの偽名で一パイロットに甘んじているシャア・アズナブルに疑問と不満を抱いていた。その後はジャーナリストの立場でエゥーゴやカラバに独自の支援を続けた。
セイラ・マス
37 セイラ・マス
[ 民間人 ]
TV版では第37話に2シーンのみ、台詞無しで登場。クワトロ・バジーナ(=キャスバル)がダカールで自らの素性を明かしてまで行った演説のテレビ中継を、どこかの別荘で憂いを帯びた表情で見入っていた。